動物病院 開業事例集
一之江動物病院
2011年11月開業 クレア動物病院
2013年3月開業 きらら動物クリニック
2014年3月開業 ガルシア動物病院
2012年5月開業 いわぶち動物病院
2015年5月開業 オアシス動物病院
2012年2月開業 あづみの動物病院
2012年4月開業 リーフ動物病院
2012年8月開業 東いわつき動物病院
2012年2月開業 東松戸どうぶつ病院
2014年6月開業 あかつき動物病院
2016年2月開業
開業・集客のポイント

動物病院の特徴を明確に伝えて新規患者獲得

動物病院の特長を明確に伝えて新規患者獲得
多くの先生は、自分の医療に対する特徴に気付いていません。なのでそれを明確に広告に打ち出す事が出来ないのです。
特徴がきちんと打ち出されていないと、飼い主様は他と比較をせず、「近い病院だから…」「なんとなく…」と他の病院へ行ってしまいます。
病院の特徴を広告内容として明確に伝えられる事で、先生の医療を必要としていた新規患者を集める事が出来るのです。

目を引く外装で増患対策

目を引く外装で増患対策
外装にこだわりを持っている病院は、増患に成功しています。外装は内装に比べると低予算で高い増患パフォーマンスを得れるので、全体の予算バランスをしっかり組む事が重要です。
私たちのデザインは、「あの動物病院に通っている」という事がステータスになるようになるよう意識しています。
これは「口コミ率アップ」にも繋がり、「かかりつけがあるから…」と踏みとどまっていた人を呼び込める仕込みになるのです。

わかりやすい情報伝達でリピート率を高める

わかりやすい情報伝達でリピート率を高める
リピート客を増やすには、先生の人柄や動物医療に対しての技術などはもちろん重要ですが、内外装・印刷物・WEBなど、統合性のとれた安心感のあるデザインで、さらに、若者だけではなく、お年寄りなど全年齢にわかりやすい情報伝達が必要です。ユニバーサルな視覚伝達で特徴・利用方法などを簡単に理解してもらう事で繰り返し動物病院に通ってもらう事ができるのです。

↑page top